naoki86star

このインターネットの片隅で、バルスと唱えてみる

ovhというホスティングのvpsを使っている

4月くらいからovhというホスティングのvpsを個人用途で試し使いしています。

結構気に入って使うのをやめてません。

  • 2G仮想1Core で月4ドル未満
  • 決済は、クレジットカード払い・paypalも一回支払いに使った
  • 最初ロケーションに、…東ヨーロッパ(ワルシャワ)を選択。(なんとなく遠い所を使ってみたかった)

9月にボーアルノア(カナダ)で1vm追加、追加というか場所替え目的で解約+新規。

 ワルシャワは東京からは北米を通るらしくレスポンス面は不利


 申し込みは、アカウントを登録のうえ、web画面から支払い方法の登録とプランの選択。支払いが成功すると(自分の時は)一時間しないでインスタンス作成完了とeメールが来た。IP アドレスとrootのバスワードが載っているのでこれを参照してsshログインする。

 IPV6 を実際に使うには、アドレス自体は申し込み完了で1IPが与えられていてそれをコントロールパネルで参照し、自分でOS設定が必要だった(osごとに事情はちがうかも)


気に入っているところ

  • 廉価

エントリーなプランがメモリ2Gからというのは今時の事情にもあっていると思う
インスタンス作成(新規契約)にextraな料金かからない

  • ネットワークがきれい

(インターネットのよくある不正アクセスを除くと)納得感のないパケット(システム内のブロードキャストとか)は出入りしてないです。

あれ、と思うところ

  • コントロールパネルが英語フランス語なのは仕方ないにして、フランス語が主言語らしくたまに英語になっていない部分がある

 いまのところサービスを動かしているわけでなく、cpuもヘビーに使わない用途で自分用のlinuxの一台としてそれを海外においておけるというのはちょっと楽しい。てのもありますが、結局値段で使っているといったところかもしれません。