naoki86star

インターネットの片隅でなにかしら書いてみる

i2cのトラブル経験(VL53L1X)

測距センサー使って家の鍵の閉め忘れ検知プロトタイプ - naoki86star
昔作った鍵状態センサーは今でも動いてくれていて3年で2回くらい閉め忘れを教えてくれた。ただし3月に一度くらい虫かなにかが遮るのか誤検知する。

そういう誤検知がまた起きたかと思ったとき、どうもvl53l1xセンサー自体を読めてないような事態にあたった。

pi@pi0:~ $ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
40: -- -- -- -- -- -- -- -- 48 -- -- -- -- -- -- --
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
70: -- -- -- -- -- -- 76 --

VL53L1Xは、i2cアドレスが0x29なのにでてこない。ついでにいうと0x76というのはつないでないはず。
raspberry リブートしても同じ。結線こねこねしてたら認識してくれた。と、ともに0x76は消えた。

4年も動かしてるし、いつかは寿命くるのだろう。予備買っておきたいというのもあるが、最近はローガンで細かい配線がつらい...